読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛媛、その1

2016年12月2日(金)~2016年12月3日(土)に愛媛に出張、仕事が終わった後に道後温泉を旅した記録。

その1|松山空港到着~就寝
その2|起床~宿出発
その3|道後温泉周辺散策~ランチ
その4|道後温泉郊外散策~松山空港離陸

これはその1です。

 

13:35 松山空港に到着、12月ということもあり、クリスマスムード。

f:id:iyovator:20170109065116j:plain

 

お昼を食べていなかったので、前から気になっていたうどん処へ。

マドンナ亭
https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38010793/

f:id:iyovator:20170109065121j:plain

 

宇和島うどん 480円

宇和島を代表する「じゃこ天」「かまぼこ」入り。つゆの中で一つになる魚介のうまみを味わえます。だそうです。

f:id:iyovator:20170109065129j:plain

 

麺は一般的にイメージする讃岐っぽい硬さ、つゆはやや甘め。結構好き。

f:id:iyovator:20170109065133j:plain

 

パソコンでネットを見たかったので、揺れなさそうなバスを選択・・・結果、タクシーより揺れたので、次回からはタクシーにしたい。降りたら、みきゃんのバスがいた。

f:id:iyovator:20170109065137j:plain

 

この後、支店に向かう。打ち合わせ時の写真を撮り忘れたのが悔やまれる。

 

打ち合わせ後に、いよてつ高島屋のデパ地下をブラつく。
鮮魚コーナーの充実っぷりがすごい。どこかにスーパーないかなぁ。
海外でもそうだけど、スーパーって結構、土地の雰囲気が出るよね。

 

その後、路面電車伊予鉄道)に乗り、宿がある道後温泉駅へ向かう。
時間は18時頃だったんだけど、意外と通勤客が多いなという印象。

 

お腹減ったので、軽く腹ごしらえしながら、本業のプロジェクトの状況確認。

道後麦酒館
https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38000200/f:id:iyovator:20170109065202j:plain

 

坊ちゃんビール(ケルシュタイプ)

f:id:iyovator:20170109065147j:plain

 

瀬戸内の太刀魚巻き。これシンプルで美味い。

f:id:iyovator:20170109065152j:plain

 

マドンナビール(アルトタイプ)

f:id:iyovator:20170109065157j:plain

 

坊っちゃん広場

f:id:iyovator:20170109065206j:plain

 

 Nestle Presents キット、サクラサクよ。

f:id:iyovator:20170109065215j:plain

 

そのモニュメント。結構、願い事が結んであった。

f:id:iyovator:20170109065211j:plain

 

さて、そろそろ宿へ。道がわかりづらい。 

f:id:iyovator:20170109065219j:plain

 

道後やや
http://www.yayahotel.jp/f:id:iyovator:20170109065224j:plain

 

わかりづらいけど、左がフロント、右がレストラン。

f:id:iyovator:20170109065229j:plain

 

ウェルカムドリンクは、蛇口からみかんジュース3種。
Facebookに動画をアップしたら、大反響。やはり皆が愛媛に求めているのはこれか。
(空港にあるみかんジュースの蛇口は食品サンプルみたいなので、出てこない。)f:id:iyovator:20170109065234j:plain

 

フロント横にはタオルバー。
タオルソムリエが厳選した9種のバスタオル(今治タオル)を自分で選べる。f:id:iyovator:20170109065239j:plain

 

部屋にあったウェルカムドリンク。 四万十の純天然水。ここにきて高知。

f:id:iyovator:20170109065245j:plain

 

アメニティーはみかん。
ミカンシャンプー、ミカンコンディショナー、ミカンボディソープ。
使い心地はまぁ普通。f:id:iyovator:20170109065250j:plain

 

部屋にはシャワーのみで、バスタブが無く、道後温泉のチケットを安く買える仕組み。
椿の湯のチケットも安く買える。
フロントで2つの湯の違いを聞いたところ、道後温泉は観光客が多く、椿の湯は地元客が多いらしい。とりあえず、観光客なので、道後温泉を選択。f:id:iyovator:20170109065255j:plain

 

来ました。
宿から少し距離があり、寒いかと思ったので浴衣じゃなくて服できたら、アウェイ感満載。でも浴衣の人も観光客だろうし、皆さんアウェイだよね。f:id:iyovator:20170109065259j:plain

 

想像と違い、下駄箱→受付→あとはご自由に、という構図。
色々と資料が飾ってあったりする。f:id:iyovator:20170109065303j:plain

 

千と千尋の神隠し” のモデルとなった場所はいくつかあり、そのひとつとして、物語の着想を得たとかなんとか。

f:id:iyovator:20170109065308j:plain

 

『船ですぐそこ!』これは観光客に向けたものなのか、見習うべき大胆な発想。

f:id:iyovator:20170109065312j:plain

 

温泉は歴史を感じられる感じで、なんとなく水深が自分には合わない感じだったけど、まぁ気持ち良かった。

 

松山市内でよく見る、鯛めしで有名なかどや。
チェーン店にしては閉店が早いイメージ。HPみたら、空港のうどん屋も同系列。f:id:iyovator:20170109065317j:plain

 

晩御飯は何を食べようか考えながら、街を散策。

 

途中でスナックの扉が開き、中のおばあちゃんに声を掛けられる。
「ややのお兄ちゃん、ラーメン食べて行かへん?」
「え、(そこ、スナック。。)いや、いいです。」
多分、ややの温泉バッグを持っていたから、そんな呼ばれ方をした。

 

道後温泉はスナックが多い。
沖縄の友達も基本はスナックで飲むって言ってたし、そういう土地なのかな。

 

で、入ったのがこちら。

 

もつ鍋 湯築屋
https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38002243/

 

もつ鍋が食べたかったわけではなく、焼き鳥(鉄板焼き)が目的。

 

お通しの煮物がご家庭のような味がする。
既に温泉の温もりはなく、冷えていたのでお湯割り。
愛媛の栗焼酎。おくりおくらだったような。f:id:iyovator:20170109065322j:plain

 

野菜メニューがあまりなかったため、お新香盛り合わせ。これまたご家庭の味。 

f:id:iyovator:20170109065326j:plain

 

お目当ての伊予赤健美鶏の黒こしょう焼き。美味しい。

f:id:iyovator:20170109065333j:plain

 

 愛媛の芋焼酎。瀬戸の大地だったような。

f:id:iyovator:20170109065338j:plain

 

蛸の唐揚げ。すごいボリューム。
このメニューは愛媛県産と書いてないけど、聞いたところ、愛媛県産らしい。 

近くにある湯鶏屋というのは、系列店だそうで、あちらもよろしくとのこと。

f:id:iyovator:20170109065343j:plain

 

街を散策していると、意外と食事処が少ないイメージだった。
調べたところ、温泉を引き込んで、朝昼晩と食事も完結させるタイプの旅館が多かったらしく、その名残っぽい。
道後温泉にはオーベルジュもあるけど、昔から和風オーベルジュ形式だったみたい。

 

宿に戻り、仕事して就寝。